婚約指輪の歴史

古代ローマ時代、結婚式は家族や村の公的な儀式でした。
この時代の結婚は、本人同士の愛の誓いではなく、“家同士の契約”だったのです。「契約の印」として始まったものが婚約指輪です。

当時は、鉄の指輪が用いられていました。強さを象徴する「鉄」は信頼の結びつきを表すのにふさわしい金属とされていたのです。

2世紀になると、「ゴールド(金)」のリングが普及し、その後、男性が自分のイニシャルをリングに刻んで贈る、しきたりも生まれます。

9世紀には、教皇ニコラス一世が、“婚約発表には婚約指輪が必要”という命令を出しました。それは、「夫となるものは、高価で経済的な犠牲を払うようなリングを贈らなければならない」というもの。
多少無理をしてでも、高価なリングを婚約者に贈る伝統はこうして始まりました。

また、婚約指輪に「ダイヤモンド」が選ばれたのは、15世紀。
後に皇帝となるマキシミリアン公が、ブルゴーニュ公女マリーとの婚約の証として贈ったものが最初と言われています。

19世紀末には、白いウエディングドレスとともにプラチナとダイヤモンドのリングが広まります。白さを保ち続けるプラチナは永遠の純潔の象徴として「天国の貴金属」と呼ばれました。

永遠に輝きを放ち続ける「ダイヤモンド」と「プラチナ」。この地球にごくわずかしかない稀少な輝きに想いを込めて、永遠の愛を誓う女性へ贈る・・・。エンゲージリングの習慣は、長い歴史の中で受け継がれてきたのです。

スケジュール表

婚約指輪の代表的なデザイン

ブライダルリングのコーディネート

カナル4℃では婚約指輪と結婚指輪を組み合わせたコーディネートでご提案しています。
重ね合わせた時でも着け心地がよく、リングのフォルムが一緒であることで生まれる美しい調和を大切にしています。

プラチナの魅力

  • 天然の白色

    ~ 永遠の愛のように変わらない美しさ ~
    プラチナの白色は、まじりけがなく生まれ持った天然の白い輝きです。
    日常生活で変質・変色の心配がなく、いつの日も色褪せない美しい輝きを保ちます。

  • 希少性

    ~ 奇跡のようなめぐり会い ~
    プラチナはこの地球上にわずかな量しか存在しない貴重な貴金属です。
    世界のごく限られた国でしか採掘されず、わずかな量しか採れません。1トンの原鉱石(プラチナを含む岩石)からプラチナはたったの3gしか採れず、それは細身のリングがやっと作れる量です。

  • 高純度

    ~ 純粋無垢な想い ~
    プラチナジュエリーとして認められているのは、プラチナの含有量が85%以上のものです。
    また、プラチナは他の貴金属よりも比重が重く適度な重みがあるため、手にしっとりとなじみ、本物を身につけている満足感を得られます。

    本物の価値を求めるすべての人を魅了し、純粋な想いや愛を表現してきたプラチナ。
    これからも永遠を誓うにふさわしい贈りものとして、選ばれ続ける貴金属です。

ダイヤモンドの4C

  • CARAT ~重さ~

    宝石の重さの単位で、1カラットは0.2グラム。カラットは“ct”と表示されます。
    カラット数が大きい程、希少価値は高まりますが、大きさだけではなく総合的な品質評価があり、ダイヤモンドの価格が決まります。カナル4℃のエンゲージリングは、0.1~0.3ctをご用意しています。

  • COLOR ~色~

    一見無色に見えるダイヤモンドですが、黄色味を帯びているのが一般的です。ダイヤモンドにとって最高のカラーは無色であること。
    マスターダイヤモンド(比較石)を使用し最高レベルのDカラーからZカラーまでの23段階の等級に分類されます。
    カナル4℃オリジナルのエンゲージリングは、Dカラーを中心に使用しています。

  • CLARITY ~透明度~

    クラリティはダイヤモンドの透明度を表します。
    クラリティグレードは10倍のルーペ(拡大鏡)を使用し、ダイヤモンドの中のキズや内包物の有無により判定されます。
    最高の品質がフローレス、以下11段階の等級に分類されます。カナル4℃オリジナルのエンゲージリングは、VVSクラス以上を中心に使用しています。
    ※0.1~0.2ctはVSクラス。

  • CUT ~研磨~

    ダイヤモンドの美しさを決める“輝き”を最大限に引き出すためには優れたカット(研磨)の技術が要求されます。
    カットのクオリティはダイヤモンドの価値に大きく影響します。
    カットのグレードは適正なプロポーションと研磨や仕上がりの度合いでExcellentからPoorまでの5ランクで判定。カナル4℃オリジナルのエンゲージリングは、Excellent(ハート&キューピッド)を中心に使用しています。